開催案内|多様性の種をまく「バリアフリーコンサート」

障がいの有無に関わらず、ともに心豊かに生きる社会を作る 一般社団法人 Togatherland 主催のバリアフリーコンサートにて、絵のパフォーマンスをすることになりました。

3日間の公演で、全6回のパフォーマンスを行います。

描くのは、6×6メートルの大きな布。

そこに、竹内りゅうけいさんの生花と、つみき屋さんの積み木が積み上がっていくパフォーマンスです。初めての試みだらけですが、参加者の方も一緒に創作ができる仕組みも導入しています。

みなさま、是非、ご参加ください。

以下、 一般社団法人 Togatherland さんのWEBサイトより引用させていただいています。

 

共に生きていくことの大切さや、
その後に生まれる優しい共生社会を表現するために、
音楽やライブアートとのコラボレーションで
『目』と『耳』と『心』で、会場の方々に味わっていただけるコンサートです。

■1回目公演
「おなかの中のスプーン~もう一つの目をもつこと」

■2回目公演
「凸凹から愛が見えた」

■3回目公演
「一丁目マルシェの奇跡」

発達障害の特性は目には見えない。

そのため、
当事者やその家族はその辛さや苦しさ、
求める支援の理解が足りず、
生き苦しいと感じながら過ごしていることが多い。

その、目には見えない苦しさを
《音楽劇》に書き起こし表現する
このバリアフリーコンサート。

苦しさばかりではなく、
理解のある人々や職場との出会いにより、
障害があっても幸せに生きていけること、

そして、それにより障害のない人たちも
より豊かな気持ちになれることを表現します。

障がいの有無に関わらず、ともに心豊かに生きる社会を作る 一般社団法人 Togatherland 主催のバリアフリーコンサートにて、絵のパフォーマンスをすることになりました。

3日間の公演で、全6回のパフォーマンスを行います。

描くのは、6×6メートルの大きな布。

そこに、竹内りゅうけいさんの、生花と、つみき屋さんの積み木が積み上がっていくパフォーマンスです。初めての試みだらけですが、参加者の方も一緒に創作ができる仕組みも導入しています。

みなさま、ぜひ、ご参加ください。

共に生きていくことの大切さや、
その後に生まれる優しい共生社会を表現するために、
音楽やライブアートとのコラボレーションで
『目』と『耳』と『心』で、会場の方々に味わっていただけるコンサートです。

 

●日時
10月29日(金)「おなかの中のスプーン~もう一つの目をもつこと」

11月12日(金)「凸凹から愛が見えた」

12月3日(金)「一丁目マルシェの奇跡」

 お昼の部 14:00〜15:30
 夕方の部 18:00〜19:30
※全日、2回公演です。
お昼と夕方の内容は同じですので、ご都合の合う時間でご参加ください。

※10月から3回通して観覧いただくと、より見えてくるもの、心に届くものがあります。

●場所
福岡市市民福祉会館ふくふくホール
(〒810-0062 福岡県福岡市中央区荒戸3丁目3−39 1F)
http://www.fukufukuplaza.jp/

●参加方法
①会場でのリアル参加
②ZOOMによるオンライン参加(英語翻訳あり)
zoomのリンクは、開催日時が近くなったらメールにてご連絡いたします。

●特典
チケットご購入の方全員に、公演動画をプレゼント!
(急な体調不良等で参加が難しくなった場合もご安心ください。公演終了後、数日以内に別途メッセージで視聴用URLをお送りいたします。)

会場参加をご希望の方で、当日、外出できなくなった方のZOOMに切り替えも可能です。

●参加費
お一人様 1公演3000円
※一日2回公演ですので、お昼、または夕方のチケットをお選びください。
※障害者手帳をお持ちの方・付き添いの方一人・賛助会員・サポートスタッフ・学生は半額
小学生以下は無料
※小学生以下のお子様を同伴される場合は、お子様のお名前と年齢をご記入ください。

 

詳細は、こちらのサイトをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です