AMABIEHONはじまりました。

hare to ke labで新しいWeb絵本の企画がはじまりました!!

このAMABIEHONは、hare to keのメンバーが描いた絵にエッセイストの 高柳 しい さんが思いついた文章をのせていく。

そしてまた私たちが思いつきの次の絵を描いて、しいさんが思いついた文章をのせていく・・・
そんな感じで絵と文章の大喜利で物語が展開していきます。

どんな展開になるのか結末も誰も分かりません。

そんな不思議な作り方で、hare to ke lab のWeb絵本はできています。
hare to ke labでは、
日常も非日常も日々で、自分の大切な人生の一部でそれは社会や世界の一部。
だから、その一つひとつのことに大切に向き合えたらいいね。
でも嫌なことに向き合うのは正直しんどい。
でも、実は世の中には真実なんかなくて、どこをどう見るかどう捉えるかで物事は変わってしまう。
大切なのはいつも自分がどう向き合うか。
だから、私たちは、アートの力で関係性を再構築していこう というコンセプトで活動をしています。

今回のAMABIEHONでは、
私たちもしいさんも、お互いに想定外のことがやってきます。
そして、そこで起こった想定外のことをそのまま受け入れて、自分なりにこんな風になったら面白い、きっと楽しい、ということを足して新しいものにしていきます。

誰かのためにつくるのではなく、そこにあるものが単純にすごく面白くて興味や好奇心が湧くのです。
世の中に当然なことがないように、私たちの目の前にはいつも想定外のことが突然やってきます。
でも、そんな中で自分がどう向き合ってどんな気持ちでどう行動するのか、一人の力じゃどうにもできないけど、誰かと一緒だったらどうにかできることもあるかもしれない、そんな関係性の再構築をアートを通して実践していきたいと思っています。

まだまだはじまったばかりで、ページもめくりがいがないかもしれませんが、これから少しずつ少しずつ進んでいく2つの物語を、是非お楽しみいただけると嬉しいです!

以下のリンクからご覧ください!!

AMABIEHON

あまびえほんはじめました。 2020.04.23

hare to ke labの2人がそれぞれ描く絵。

そこに、エッセイストのしいさんがインスピレーションで文章を載せて、2つの物語が始まっていきます。

物語は絵ができる度に、少しずつ少しずつ展開していきます。

どんなお話しになるのかhare to ke labの2人にもしいさんにも分かりません。

まだまだはじまったばかりで更新もボチボチになるかもしれませんが、皆さんの日々にちょこっとした楽しみをお届けできますと幸いです。

しいさん エッセイスト


しいさんnote
https://note.com/iseigayoihito

福岡県北九州市で育ち、生き物が好きで熊本大学理学部へ。
卒業後は関東でシステムエンジニアを経験後、福岡にUターンしてフリーランスに。

小学校で出会った先生の影響で作文が大好きになり、大人になってからはエッセイの公開を始める。
読者からの「どうしたらエッセイが書けますか?」の言葉をきっかけに現在は、思うように書けないと悩む全国の人を対象にエッセイ講座を開講。「だれでも書ける」をモットーに活動中。
最近4歳の双子の娘が平仮名を覚え始めたので、一緒に文章を書く日が楽しみ。

Picture Book

各イラストをクリックしてご覧ください。

トゥルラッタ

Illustrated by Keiko
story Shii

こんばんは、さいとうさん

Illustrated by Kie
story Shi

あまびえほんのイラストカットをページごとにお買い求めいただけます。
詳細は、hare to ke lab のonline shopをご覧ください。